当院について

病院長挨拶

院長 宮澤 仁朗

院長 宮澤 仁朗

この度、令和2年4月1日より医療法人亀田病院分院亀田北病院に院長として赴任いたしました宮澤です。何卒宜しくお願い申し上げます。
私自身、精神一般はもちろんのこと、特に高齢者の認知症・うつ病の診療を中心に携わってまいりました。札幌医科大学を卒業後、大学や札幌市内の精神科病院で臨床・研究に従事するとともに、札幌医科大学医学部臨床准教授として医学部学生の臨床指導にも注力してきました。今後は道南地域の皆さまを中心として地域医療を通じて、はからずも心の病を有した方々に対して寄り添いともに歩み回復に寄与できればと考えます。
 当院は昭和62年2月に亀田病院から精神科を石川町に移転し、206床の精神科病院として開設し、平成10年400床に増床して現在も運営しております。そして近々建物のリニューアルも行う予定ですが、今後も精神疾患の方々に対して誠実な医療を展開するとともに、認知症で在宅や施設での生活が困難となったご高齢の患者様のための最後の砦としての役割を担いつつ、再び元の生活の場所へと戻っていただけるようにスタッフ一同取り組んでいきたいと思います。
 「人の心は人でしか癒せない」という信条を忘れることなく、思いやりと優しさをもって癒しの医療を実践して、来院された患者様にやすらぎと安心感を得ていただけるように、懐の深い「陽だまり」のような開かれた病院を目指して今後もスタッフとともに鋭意努力する所存であります。

当院について

安心と安全と信頼の医療を目指して
亀田北病院

亀田北病院は1987(昭和62)年、亀田病院の分院(精神科)としてスタートしてから1998(平成10)年の増改築を経て今日に至まで、地域の精神科医療に大きな役割を果たしています。

現在、病床数398で診療科・心療内科・内科・リハビリテーション科・放射線科から成り、精神疾患や心の病気、認知症を中心に診療し、関連施設との連携・協力のもと皆様から信頼され地域に役立つ病院として努力しています。

現在6つの病棟のうち1つの病棟は精神療養病棟であり、長期的な療養が必要な患者さまの社会復帰を目指して、工芸やレクリエーションなど作業療法にも力を入れています。
また、当院では自宅等で療養している方々を対象に精神科デイケアを開設してリハビリテーションを行っており、さらに精神科救急医療システム当番病院として地域の精神科救急医療の一翼も担っています。

概要

名称
医療法人亀田病院分院 亀田北病院
設立
昭和62年2月
所在地
〒041-0802 函館市石川町191番地4
駐車場
25台
診療科目
精神科・心療内科・内科・リハビリテーション科・放射線科
病床数
精神一般病棟280床、認知症治療病棟60床、精神療養病棟58床
併設事業
認知症疾患医療センター
精神科デイケア「ひまわり」

施設紹介

  • 受付

    受付

  • 病棟

    病棟

  • 詰所

    詰所

  • 生活機能訓練室

    生活機能訓練室

  • 薬局

    薬局

  • 検査室

    検査室

  • 放射線

    放射線

  • 会議室

    会議室

  • 売店

    売店

ページの上へ